効果的なマスクの付け方 | 幸せになるために 生きている

効果的なマスクの付け方

意外と知られていない、“正しいマスクの使い方”

 病院や福祉施設で、
「マスクをご着用ください!」
と、言われ 有料20円の案内に、心が折れる季節になりました。

medium_8157551528.jpg

マスクを正しく使えていない方が、意外と多いそうです。

正しいマスクの使い方
先ずは基本的な使い方をチェックしましょう!!

(1)鼻、口、顎を覆うようにマスクを装着する

(2)鼻の部分を抑えてフィットさせ、隙間がないように装着する

(3)使用中、口周りを覆うフィルター部分は触らない

(4)フィルター部分の表面に触れないようゴムひもを持って顔から外す

(5)マスクを外した後は手を洗う

(6)一日1枚で取り替え、二日以上は使用しない

マスクの種類

大きく分けて「家庭用」「医療用」「産業用」の3種類です。
おなじみの「家庭用」にも、いまは構造や材質で沢山の種類があります。

大人ー子供 男性ー女性 ポッチャリさんーヤセッチョさん 
もちろんみんな一緒じゃいけません!
マスクにの選び方 自分にピッタリあったサイズを図る方法
引用 ㈱白元 マスク大辞典
よく1サイズのマスクを買い置きして、家族全員で使っているという話を聞きますが、
顔に合わないマスクでは、
隙間から花粉やウイルスが侵入するため、十分な効果が得られません。
特に大人と子供では顔のサイズがまったく違うので要注意。
顔にピッタリとフィットするマスクを選んでください。

マスクの形状

プリーツ型
MASK P
・顔全体にフィットし、圧迫感を与えない
・口の動きにも柔軟に対応、マスクをしたまま話をしてもズレにくい
・呼吸をラクに行うことができる
立体型
MASK3D.jpg
・マスクのふちが顔にスキマなくピッタリとフィット
・装着時の 息苦しさやしゃべりにくさを緩和
平型
MASUKU FLAT
・高い保湿性と保温性
・捕集性や飛散防止性
・乾燥からのどを守るのに役立つ

マスクの正しい付け方

正しくつけないと、十分な効果が期待できません。
それは、極力顔に密着させてつけることがポイント。
またウイルス感染防止の点から、外し方、捨て方も重要な要素です
プリーツタイプの場合
wear_img_01.jpg
1. つける前に手を洗いましょう。
   上下の端を軽くつまみプリーツを広げてください。
   張り出した側が表になります。
wear_img_02.jpg
2. ノーズフィッターを上にして、顔にあてながら、ひもを両耳にかけます。
wear_img_03.jpg
3. ノーズフィッターを鼻の形に合わせて、軽く押さえます。
wear_img_04.jpg
4. プリーツを下へ大きく広げて、あごまですっぽり覆ってください。

間違った付け方
wear_img_09.jpg ※鼻が出ているwear_img_08.jpg ※下あごがが出ている

正しい外し方

wear_img_05.jpg
1. 片耳のゴムひもを持ち、顔から外します
wear_img_06.jpg
2. 反対側のゴムひもを持ち、顔から外します

正しい捨て方

1.マスクに触れないように、そのまま両耳のゴムひもを持ったまま…
2.ビニール袋に入れて口を閉じるか、蓋のついたゴミ箱に入れるなどの方法で、速やかに捨ててください。
3.捨てた後は、すぐにていねいに手洗いを行いましょう。

正しい知識と使い方で、ウイルス侵略を防ぎましょう!!

ありがとうございました!
関連記事

タグ/
コメント一覧
コメントする


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

いーくるまいす屋

Author:いーくるまいす屋
介護、看護をしている あなたこそ
幸せになってほしい!

最新記事

カテゴリ

未分類 (0)
Hero (15)
ご挨拶 (3)
looking for sky (11)
くるまいすについて(車いす) (34)
happy tool (31)
Posture Controller(姿勢デザイン) (7)
幸せダイエット (35)
エピソード (30)
work tool (5)
幸せのコツ (65)
介護のコツ (55)
吾輩は黒柴である (2)

フリーエリア